地鎮祭

<スポンサードリンク>

 Home > 地鎮祭

  

jichinsai_main.jpg

地鎮祭は、家を建てる際に、その土地の神様(氏神様)に土地を利用させて頂くことの許しを請う儀式で、工事の安全や住む人の繁栄を祈る行事です。

この地鎮祭は、地域によっては、『安全祈願祭』や『鎮地祭』、『土祭り』、『地祭り』、『地祝い』などとも言われています。

 

最近、上棟式などを行う方は減っていますが、この地鎮祭を行う方は今でも多くいらっしゃいます。

では、この地鎮祭を行う際に知っておきたいことを簡単にまとめました。

記 事 一 覧


 

地鎮祭の準備

 

◆ 地鎮祭の日取りを決める


 

地鎮祭は、すべての工事が始まる前に行います。
新築・建て替えは、地盤改良や基礎工事着工前となります。

また、日取りですが、大安・友引・先勝などが好まれますが、
神道と中国の占いを起源とする六陽は関係なく
特に気にされなくても良いようです。

なお、神事は午前中が吉とされていますので、
午前中に行う方が多いように感じます。

<スポンサードリンク>

日取りを決めたら、早めに依頼先を決めるようにしましょう。

 

 

◆ 依頼先を決める


 

 

まずは、地鎮祭をとり行ってもらう神主さん(神道)、もしくはお坊さん(仏式)を決めなくてはいけません。

なお、神道で行う場合は、氏神様を祀っている神社に依頼されることが
一般的です。

その神社が分からない場合は、
地元に長く住んでいる方や近所で新築・建替を最近行った方に聞くと
教えてもらえるでしょう。

どうしてもわからない場合は、
家から近い神社に依頼しても問題はありません。

 

また依頼した際に聞かれる内容として
以下のことがありますので、連絡する前に事前に決めておきましょう。

  • 希望日時
  • 建築地の住所
  • お施主様の名前
  • 施工者
  • 参加人数(施主、施工者含めた人数)

など

また、そのときに確認しておきたいこととして、

  • 準備しないといけないもの
  • 地鎮祭の初穂料は決められた金額があるかどうか
  • 送迎が必要か、送迎が必要なければお車代は必要か

があります。

なお、準備しないといけないものは以下の必要なもの一覧でも
確認してください。

 

<スポンサードリンク>

 

◆ 地鎮祭で必要なものの一覧


 

 

地鎮祭で使用するものを確認してみましょう。


一般的に施主側で準備しておくものとしては
以下のものがあります。

(あくまで参考です。地域などによって異なります)

 

  • 神酒拝載用の盃(茶碗、コップ等)
  • お供え物(お供え物のリストは下の項目で確認してください)
  • 初穂料・お車代など(目安は以下の項目で確認してください)

 

 

◇ 祭場を作る際に必要なもの(前日・もしくは当日)

 

施工業者が準備してくれることが多いのですが、
どこまでしてもらえるのか確認する方がいいでしょう。

 

  • 忌竹・斎竹(いみだけ)

祭壇を囲うように四方に立てる青竹のこと。
長さは3mほどで、下の方の枝は落とし、上の葉はそのまま残しておきます。
本物ではなく作りものの青竹を使用する場合もあります。

  • 注連縄(しめなわ)

紙垂(しで)をつけた縄のこと。
荒縄に半紙で紙垂を作り取り付けて作ります。

  • テント

雨や夏場の暑さ対策にあると重宝します。

<スポンサードリンク>

 

◇ 祭壇や儀式で必要なもの(当日)

 

神主さんの方で準備してもらえることが一般的なものです。


  • 案(机・台)

祭壇の机です。
この上にお供え物を三方の上に置き並べます

  • ござ

祭壇の案の下に敷きます。

  • 手水用具

拝礼前に手を洗い口を漱ぎ清めるための用具。
準備されることは稀です。

  • 綺麗な砂

盛砂のための砂です。
円錐に盛り上げ、上部を少し平らにならします。

  •  その地に生える草やススキなど

盛砂をした上に立てる草。
草刈初の儀で使用します。

  • 鎌・鍬・鋤(かま・くわ・すき)

地鎮祭で行う草刈初の儀、鍬入の儀、鋤入の儀で使う鎌・鋤・鍬。
白木で作られたものを使います。

  •  三方

お供え物を乗せるための折敷・お盆

  • 鎮物

工事をする際にその土地の中心や神棚となる場所の下に埋めます。
地鎮祭後に神主さんから渡されますので、
施工業者さんに預けておくといいでしょう。

  • 榊(ヒロモギ、大麻、玉串)

 

<スポンサードリンク>

◇ 供え物

 

一般的に施主が準備するものです。

 

  • 米(約1~5合)

洗米を準備します。

  • 神酒(1升)

熨斗をつけます。
熨斗には上段に『奉献』、下段に自分の名前を記入します。

  • 塩(コップ約1杯)

種類は特にこだわらくてもいいようです。

  • 海の物(1品か3品程度:奇数で)

尾頭付きの魚、スルメ、コンブ、ワカメ、ヒジキ等

  • 地の物(1品か3品程度:奇数で)

季節の野菜:大根、人参、なす、きゅうり、キャベツ等

  • 山の物(1品か3品程度:奇数で)

季節の果実:りんご、なし、バナナ、みかん等)

 

 

◆ 祭場の配置


 

本来は、敷地全体を祭場としていたようですが、
現在は、敷地の中央あたりの2間(約1.8m)四方に忌竹を立て
忌竹を繋ぐように注連縄を渡して祭場とするのが一般的です。

注連縄は、祭壇に向かって右側奥の忌竹から時計回りに渡していきます。

祭壇は、南向きもしくは東向きとします。

 

<スポンサードリンク>

→ ページのトップに戻る

 

 

 

地鎮祭の費用について

 

◆ 初穂料(玉串料)について


 

 

初穂料(玉串料)とは、神主さんなどに納める謝礼となります。

地鎮祭の場合の初穂料の目安を決めている神社もありますので、
依頼する時に確認して見てください。

なお、この初穂料ですが、一般的には、

2 ~ 3万円

を納めたという方が多いようです。

 

ただし、これは目安としてお考えください。

たとえば、お供え物まで準備してくれる場合とそうでない場合では
当然納める謝礼は変わってきます。

 

 

◆ 神主さんの送迎とお車代


 

最近では、送迎が必要という神主さんも少なくなっていますが、
問合せする時に送迎が必要かどうかを確認しましょう。

なお、送迎の際には、祭壇などの地鎮祭に必要な大きなものがありますので、
荷物が載せられる車が必要です。

また、送迎の必要がない場合は、
お車代を納めるのが一般的です。

5,000円~1万円程度が相場となっています。

<スポンサードリンク>

 

 

◆ お供え物


 

お供え物すべて揃えると1万円から2万円かかる場合がありますが、
記述したものすべてが必要と言う訳ではありません。

神主さんなどにアドバイスをもらいながら、
必要なものを揃えるようにして下さい。

 

→ ページのトップに戻る

 


 

 

地鎮祭の服装

 

神事ですので、
正装が基本となります。

スーツにネクタイ着用が望ましいのですが、
戸建住宅ではあまりこだわらない方もいらっしゃいます。

 

施工業者は、スーツもしくは制服で参加します。

 

事前に業者さんと打合せしておくといいでしょう。

 

→ ページのトップに戻る

 

 

 

地鎮祭と挨拶回り

 

<スポンサードリンク>

地鎮祭は、基礎工事や地盤改良工事の前に行われるもののため、
その段階で近隣の方々へ挨拶回りをされる方も多くなります。

地鎮祭には、家を建てる方はもちろん、
施工する工務店やハウスメーカーの担当者や設計者なども立ち合って
行われますので、タイミングとしては良いのではないでしょうか。

 

なお、挨拶回りの際には、
1,000円程度の品を添えてご挨拶される方が多いです。

品には熨斗上段に『ご挨拶』、下段に名前を入れます。

 

なお、挨拶回りのタイミングとしては、
工事が始まる1週間~2週間前に行われるのが一般的です。

もし、地鎮祭から工事着工まで1ヶ月以上期間があるのであれば、
改めて挨拶回りを行う方が良いのではないでしょうか。

 

→ ページのトップに戻る

 最終更新日 : 2012年2月2日

 



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google

 

活動日記