窓の種類と比較

<スポンサードリンク>

 Home > 家の仕様を選ぶための基礎知識 > 窓の種類と比較 

 

 

現在窓の種類は様々あります。

ここでは、どんな窓があるのかを知るとともに、その性能を区分しました。

ご家族の理想の家にするために、窓のデザインや、開閉方法、断熱性能の違いなどを詳しく紹介します。


 ----------------------   目   次   ----------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------

 

 

窓の種類と特長

 

窓は、家の外観を決める大きな要素となります。

と同時に、家の性能を決める大きな要素にもなります。

そのため、窓をどのような形にするのか、どんな開き方にするのか
どんな性能のものにするのかは理想の家を実現するために非常に
重要だということを知って下さい。

奥の深い窓の世界にいざ・・・

<スポンサードリンク>

 

◆ 窓の構成

◆ 窓の種類

 ◇ 窓の開け方

 ◇ 窓の障子の材料

 ◇ ガラスの種類

 ◇ ガラスの構成

 

◆ 窓の構成

 

窓は、窓枠、障子と窓ガラスで構成されています。

 

sash_img_ykk.jpgのサムネール画像

 

 (YKK AP樹脂サッシイメージ)

意外と知られていないのが、「障子」ではないでしょうか。

和室の窓の内側に付くものも障子ですが、
窓の障子というと、ガラスが取り付けられるまわりの枠を障子と言います。

専門用語で、工務店などと打合せをしているとたまに出てきますので、
ぜひこの機会に知っておいてください。

 

また、窓とガラスを作るメーカーが違うため、
窓枠と窓ガラスそれぞれで性能が表示されることが多いです。

そのため、ここでは、窓枠と窓ガラスで分けて紹介します。

 

<スポンサードリンク>

 

◆ 窓の種類

 

 

では、次に窓の種類です。

窓は、開け方と材料、ガラスを組み合わせることで、
幾通りもの窓ができます。

では、最初に、窓の開け方から紹介します。

 

 

◇ 窓の開け方の種類

 

 

窓は、

引違い窓、外開き窓、FIX窓といった代表的なものから、

内開き窓、片上下げ窓、両上下げ窓、すべり出し窓、内倒し窓、外倒し窓
ルーバー窓、オーニング窓、片開き窓、全開放窓、折りたたみ窓、アクセント窓

こちらのページでご確認ください。
http://www.ykkap.co.jp/products/point/window/window16.asp

など様々なものがあります。

 

 

◇ 窓の障子の材料

 

 

ここでは、障子について紹介します。

障子の種類によって、家の断熱性や結露のしやすさが変わってきます。

 

障子は、大きく分けて4つあります。

 

 

★ 木製

<スポンサードリンク>

 

 

木製のサッシは、古くから日本でも住宅に使われてきました。

しかし、アルミサッシが普及してから徐々に木製サッシは姿を消していき
現在では、普及率約2.5%といった状態です。

新築の住宅だけで考えると、全体の1%程ですが、
そのうち8割が輸入品で、2割が国内で生産されています。

ただ、海外では冬の寒さが厳しい地域が多く、
木の1,500倍も熱を伝えやすいアルミはサッシに向かないことなどから
木製サッシの技術開発が進められ、
隙間が小さく、耐久性に優れた木製サッシが普及しています。

特にヨーロッパでは、木製の普及率がもっとも高く、
北欧では、そのシェアは95%と日本のアルミサッシなみの普及率と
なっています。

 

 

★ 樹脂製

 

 

日本では、「シャノン」がもっともはやくから製造していたと思いますが、
海外ではよく使われています。

最近では、YKK APなどのアルミサッシを主流にしていたメーカーも
寒い地域で販売を開始しており、
徐々に樹脂サッシも普及していくと思います。

 

★ アルミ樹脂複合

 

これは、アルミと樹脂を組み合わせたサッシです。

屋外側にアルミ、室内側に樹脂が使われます。

<スポンサードリンク>

大きなアルミサッシメーカーが多く、防火基準が厳しい日本ならではの
ものでしょう。

現在は、樹脂サッシや木製サッシと同等の性能があると区分されていますが、
樹脂サッシや木製サッシよりも一ランク下に区分されるような動きがあります。

 

 

★ アルミ製

 

 

戦後急速に広がったアルミサッシですが、
現在は、上に挙げた材料のサッシにおされぎみです。

ただ、イニシャルコストが安いことから、
集合住宅や建売住宅、マンションなどでは、まだまだ一般的に使われています。

断熱サッシなど、外側と内側の枠の間に熱を伝えにくい材料を挟むなどして
断熱性を上げようと頑張ってはいますが、
他のものと比べるとやはり性能は劣ります。

 

 

◇ ガラスの種類

 

 

窓の大きな面積を占めるガラス部分ですが、
このガラスにも様々なものがあります。

窓ガラスの性能は飛躍的に向上し、
現在では障子が樹脂のものよりも断熱性が高いものがあります。

また、ガラスの種類によっては、防犯性能を高めたものもあり、
選択肢は幅広くなっています。

まずは、ガラスの種類を紹介します。

 

 

<スポンサードリンク>

★ フロートガラス(単層透明板ガラス)

 

 

一般的な透明ガラスです。
ガラスを溶かしたものを液体を入れたバスタブのようなものに流し込み
成形する方法です。
3mmが一般的な厚みになります。

 

 

★ 合わせガラス

 

 

2枚のガラスの間に、樹脂フィルムなどを挟み込んで接着する方法で
作られたガラスです。

樹脂フィルムによって、叩いてもなかなか割れないガラスにすることが
できますし、紫外線を吸収する効果をもった合わせガラスもあります。

但し、熱による収縮率が違うため、環境によってはヒビが入ったりする
といったデメリットもあるので、注意が必要です。

 

 

★ 強化ガラス

 

 

フロートガラスよりも3倍近く強度を増したガラスになります。

車のガラスに使われているのでみなさんどこかで目にしているでしょう。

これは、割れてもブロック状の破片となるため安全性の向上が
見込めます。

ただ、強い力を加えると割れてしまいますので、
防犯上はあまり効果があるとは言えません。

 

<スポンサードリンク>

 

★ 網入りガラス

 

 

火災が起きた時に、ガラスが割れて飛散しないように、
ガラスの間に金属のワイヤーを入れたガラスです。

準防火以上の地域に建つ家ではよくみることができます。

熱によって、ヒビが入ったりする可能性があります。

 

 

★ すりガラス

 

 

すりガラスは、ガラス表面に凹凸を付けることで、
透明度を下げたガラスです。

プライバシーを確保したいトイレやお風呂、
道路に面するリビングの窓などにすりガラスを選ばれる方も
多くなっています。

 

 

◇ ガラスの構成

 

 

ガラスの構成には、以下の種類があります。

また、今回挙げていませんが、
2重窓というような、サッシを2重に取り付ける方法もあります。

 

★ シングルガラス(単板ガラス)

 

 

single_glass.jpg

 

<スポンサードリンク>

新築の家ではほとんど使われることがなくなりましたが、
現在お住まいの家のほとんどの窓には、
1枚だけのガラスが入っているのではないでしょうか。

ガラスは熱を伝えやすい材料のため、
冬の窓ガラス表面温度は外の温度とほとんど同じになっています。

 

 

◇ ペアガラス(複層ガラス)

 

 

pare_glass.jpg

 

2枚のガラスの間に空気やガスが封入されたものや、
真空にしたものをペアガラス(複層ガラス)と呼びます。

ガラスの間の空間(中空層)が広い方が熱を伝えにくいので、
コストがそれほど変わらなければ、
広い方を選ぶと良いでしょう。

一般的には、中空層が6mmか12mmになっています。

また、中空層の中に入れるガスとして、
「アルゴンガス」や「クリプトンガス」などがあります。

クリプトンガスの方がアルゴンガスよりも性能が高いのですが、
まだ高価なため、普及していません。

なお、

空気 < アルゴンガス < クリプトンガス < 真空

と右に行くほど性能が高くなります。

 

<スポンサードリンク>

また、ペアガラス(複層ガラス)になると、
特殊な金属膜を中間層側のガラス表面に貼り付けた
Low-Eガラスがあります。

赤外線を反射するためのもので、
これによって室内の暖かさを外に逃がしにくかったり、
外の暑さを部屋の中に入れにくくする効果があります。

金属膜を外側の窓に貼るのか、部屋側に貼るのかによって
遮熱タイプと熱逃げ防止タイプなのかに分かれます。

 

 

◇ トリプルガラス

 

 

ガラスが3枚と中空層が2層あるガラスで、

厚い、重たい、高い

といったデメリットがあり、寒冷地以外ではあまり採用されていません。

ただ、熱を伝えにくいガラスですので、
無暖房住宅を目指すのであれば、採用する方がいいでしょう。

 

 → ページのトップに戻る

 

 

 

窓の特徴

 

では、特長を見ていきましょう。

ここでは、サッシの特長を紹介します。

 

 

◆ サッシの特徴

<スポンサードリンク>

 

◇ 木製

 

 

木製サッシというと、古い日本家屋についている
隙間だらけで雨が降ったら入ってくるような
窓を想像してしまうのは、私だけでしょうか。

現在販売される木製サッシは、そんなものではなく、
窓の基本3性能(気密性能、水密性能、耐風圧性能)を
高次元で満たしたものが普及しています。

また、大きな特徴としては、
断熱性能や防露性能の高さが挙げられるでしょう。

厚みにもよりますが、
もっとも性能の高いサッシのひとつといえます。

また、見た目の好みは分かれますが、
障子が大きく、部屋の重厚感を演出することができます。
天然の木材ですので、
木目の違いや、徐々に風合いも変わってきますので、
経年変化を楽しむことができるのも特徴です。

ただ、多くを輸入に頼っていることや、
天然材を使用することもあって、
コストが高くなることや、
木材ですので重たいというデメリットもあります。

また、表面の劣化を抑えるために、
定期的にメンテナンスを施す必要がある商品が多いようです。

木製サッシにこだわると、
とても深い世界に入っていってしまいます。

気軽に選んで後悔される方も多いので、
十分に検討する必要があるでしょう。

 

また、木製サッシに限らずではあるのですが、
特に木製サッシの場合は、雨の対策が重要になってきます。

当然、木材は雨に濡れて乾燥してを繰り返していると
劣化が激しくなってしまいます。

<スポンサードリンク>

そのため、木製サッシを採用するのであれば、
雨がサッシに当たりにくくするためにも、すべての窓に
庇を取り付けておく方がいいようです。

 

 

◇ 樹脂製

 

 

最近増えてきているのが、樹脂サッシです。

樹脂サッシとは、硬質塩化ビニールが素材となっています。
この硬質塩化ビニールですが、他のプラスティックと比べると
石油の割合が少なく、自己消化性があります。

 

サッシの基本性能である、気密性能、水密性能、耐風圧性能が高く
さらに断熱性に優れることから、
高気密高断熱住宅では、積極的に取り入れられています。

ただ、原料が樹脂(プラスティック)であることから、
耐火性能や耐久性能はアルミサッシの方に軍配が上がります。

アルミサッシに比べるとコストがかかることがデメリットとして挙げられるでしょう。

現在、住宅版エコポイントの普及から、リフォームで内窓を
取り付ける方が多いのですが、加工性のよさなどから
そのほとんどが樹脂製の枠と障子が採用されています。

そのため、徐々に価格も下がってくるのではないでしょうか。

 

基本的にはメンテナンスフリーの樹脂サッシですが、
紫外線による劣化が見られた場合には、
表面の塗装を再度行うなどで対応した方がいいようです。

外壁のメンテナンスを十数年に1度行うのであれば、
それに合わせてサッシのチェックもしてもらうといいでしょう。

<スポンサードリンク>

 

 

◇ アルミ樹脂複合サッシ

 

 

聞きなれないサッシだと思いますが、
アルミサッシメーカーが開発し、積極的に普及に取り組んでいるのが
このアルミ樹脂複合サッシです。

アルミは非常に熱を伝えやすいことから、
室内側の障子部分に、熱を伝えにくい樹脂材を組み合わせて
断熱性能や防露性能を上げています。

「省エネ建材等級ラベル」という
経済産業省からだされる断熱表示方法のガイドラインに沿って、
断熱性能を★の数で表示するようになっていますが、
木製サッシや樹脂サッシと同じ4つ星(★★★★)の最高等級と
なっています。

しかし、細かな数字(熱貫流率)を比べると、
樹脂サッシよりも3割弱性能が落ちます。

また、気密測定を行っていても、
樹脂サッシの方がアルミ樹脂複合サッシに比べて
気密性能が高くなります。

それでも、アルミサッシ+単板ガラスと比較すると、
性能の良いガラスを組み合わせることで、
断熱性は約3倍とすることが可能です。

大量生産を得意とする大きなアルミサッシメーカーが多いため
コストは比較的抑えられています。

 

補足として・・・

似たような商品で、アルミ木複合サッシというものもあります。

これは、アルミ樹脂複合サッシの樹脂部に木材を使った商品で、
特徴などはほとんど同じです。

無印良品の家などが採用しているようですが、
まだ知名度や普及率をみてもそれほど出回っていません。

<スポンサードリンク>

 

 

◇ アルミ製

 

 

アルミ製のサッシは、日本では約9割の普及率を誇る
代表的なサッシです。

木製が主流だった昭和35年頃から徐々に普及しはじめ、
昭和40年にはほとんどすべての新築住宅でアルミサッシが
採用される様になっていきます。

これは、水密性という雨が降ったときに室内に水が入ってこない性能や
気密性が木製窓に比べると飛躍的に向上し、
施工性が良く、メンテナンスフリー、
さらに大量生産が可能で安いということが大きな理由ではないでしょうか。

それから半世紀、アルミサッシもどんどん改良されてきました。

大きな弱点だった断熱性能や防露性能も
断熱サッシの開発により向上しています。


ただ、アルミサッシにもデメリットがあります。

それは、やはりまだ断熱性には改良の余地ありということ。

樹脂サッシと比較すると、4割以上性能が落ちますし、
気密性も高くありません。

ガラスの性能を上げると、サッシへの結露が増えることも
考えられるため、コストと性能のバランスを考えながら
サッシの選択をした方がいいのではないでしょうか。

 

 

◆ ガラスの特徴

<スポンサードリンク>

 

 

ガラスにもたくさんの種類があると紹介しましたが、
ここでは、ペアガラスを中心に紹介します。

 

現在ペアガラスは必須となっていますが、
どれも同じかというとそうではなく、いろんな種類のものが存在します。

 

種類の中で簡単に紹介しましたが、

・ ペアガラス

・ Low-Eガラス

・ アルゴンガス入りペアガラス

・ 遮熱Low-Eガラス

など様々です。

一般的なものと言えば、中空層に空気が入ったペアガラスですが、
断熱性や遮熱性を上げようと思うと、
特殊金属膜を貼ったLow-Eや空気よりも比重が重たいガスを入れることに
なります。

樹脂サッシメーカーのシャノンでは、アルゴンガスを注入していますが、
このアルゴンガスは、蛍光灯にも封入されるガスで、
空気の1.5倍熱を伝えにくく、3層ガラスよりも性能をあげることができます。

さらにお金をかければ、クリプトンガスを封入したガラスや
真空ガラスもありますが、
価格も非常に高いため、まだ一般的ではありません。

また、ガスを封入したガラスの場合は、そのガスが抜けることによる
性能低下が考えられます。

数年でガスが空気と入れ替わるなどといった情報もあるようですが、
詳細なデータは出てきていません。

パッキンなどの経年劣化は必ず起こるので、
それを考えると、徐々に性能が低下することは否めないのですが・・・

<スポンサードリンク>

 

また、Low-Eガラスでも遮熱高断熱タイプと断熱タイプがあります。

このLow-Eとは、特殊な金属膜で熱線を反射する効果を持たせたガラスで
それをペアガラスの中空層の室内側か屋外側に貼り付けるかによって
効果が変わってきます。

室内側の場合には、室内の熱を外に逃がしにくくなり、
逆に屋外側の場合は、夏の日射の影響を抑える効果が高くなります。

冬に日射を取り込めなくなると、自然室温の上昇を妨げることになるので、
慎重に選択する必要があります。

できれば、夏の日射は、庇などの物理的な遮蔽を行った方が効果が高いので、
窓に頼りすぎない設計の工夫を行った方がいいでしょう。

 


 → ページのトップに戻る

 


 

 

窓の比較表

 

代表的な窓をまとめてみましたので、参考にして下さい。

商品によっては、この表で付けた評価とは異なる場合がありますので、
具体的な商品を選ぶ前の目安としてお考え頂ければと思います。

 

<スポンサードリンク>

特長 木製 樹脂 アルミ+樹脂 アルミ断熱 アルミ

価格

×

種類の
豊富さ
耐衝撃性
耐久性
メンテナンス性
断熱性 ×
気密性
耐火性
施工性

 

横並びで見ると、アルミ樹脂複合サッシが最も短所が少なくなっています。
断熱性や気密性を重視するのであれば、樹脂サッシや木製サッシを
選びたいところではありますが、
窓は数が多いため、家の価格を左右する要素となります。

また、窓全体の性能は、枠や障子だけでなくガラスの性能も重要です。

単板ガラスとの断熱性能を紹介しますので、
どのサッシとガラスの組み合わせを考えるときの参考にして下さい。

 

  種類 構成

熱貫流率
(W/m2・K)

日射熱取得率
(η)
  フロー板ガラス 6.0  0.88
  透明複層ガラス 3+A6+3 3.4 0.79
    3+A12+3 2.9 0.79
  網入り複層ガラス 6.8+A6+3 3.3 0.69
    6.8+A12+3 2.9 0.69
  熱線吸収複層ガラス 熱吸3+A6+3 3.4 0.72
    熱吸3+A12+3 2.9 0.72
  熱線反射複層ガラス 熱反6+A6+3 3.3 0.43~0.58
    熱反6+A12+3 2.9 0.42~0.58
  高断熱複層ガラス 3+A6+低放射3 2.5~2.7 0.48~0.74
    3+A12+低放射3 1.7~1.9 0.49~0.74
  遮熱複層ガラス 金属膜コート3+A6+3 2.5~2.6 0.41~0.50
    金属膜コート3+A12+3 1.6~1.8 0.40~0.49
  3層(トリプル)ガラス 3+A6+3+A6+3 2.3

※板硝子協会資料より抜粋

<スポンサードリンク>

 

*******Memo 表の見方******************

熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表わすもので、
数字が小さい方が熱を伝えにくい材料です。

たとえば、腰窓の引違い窓のサイズですと、約2m2くらいの大きさですが、
家の中が20℃、外が0℃だった場合、ガラスから逃げていく熱は、
板ガラスだと 2m2 × 20℃ × 6.0W/m2・K = 24W となります。
逃げていく熱が小さいほど、暖房にかかるランニングコストが抑えられるので、
省エネだということです。

また、日射熱取得率は、η(イータ)で表わされ、どれくらい日射の熱が
家の中に入ってくるかを見ることができます。

これも、数字が小さい方が熱を遮断する性能が高いのですが、
家全体で計算する時には、庇の有無や方位などの条件も加味していきますので、
この数値だけでなく、総合的な判断が必要です。

また、寒い地域では、数値が小さくなると太陽の恩恵を受けにくくなりますので、
注意が必要です。

*********************************

 

比較してみると、ペアガラスでも種類によって
大きく性能に違いがあることが分かると思います。

シングルガラスよりも約2倍の性能を持つのがペアガラスで、
それよりもさらに2倍の性能を持つのが、トリプルガラスや複層Low-Eガラスと
覚えておくといいでしょう。

そして、トリプルガラスよりもLow-Eガラスの方が性能が高いものもあります。

さらに複層Low-Eのアルゴンガス入りガラスになると、
熱貫流率は1.5程度まで向上させることができます。

<スポンサードリンク>

予算を見ながら、窓選びも楽しんでください。

 

 → ページのトップに戻る

最終更新日 : 2011年5月1日

 

 

 窓 以外の部位もチェックしてみてください。

 

 

 

********************

  家の仕様を選ぶための基礎知識

 

  ・ 外壁材の種類と比較

  ・ 屋根材の種類と比較

  ・ 断熱材の種類と比較

********************



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google

 

活動日記