住宅の工法の種類

<スポンサードリンク>

住宅の工法とは、主に「住宅の構造形式」の部分を
指して言う場合が多いです。

ここでは、日本で代表的な住宅の工法の種類を紹介します。
工法は住宅の構造の要ですので、まずは大まかな種類を
知ることが重要です。



基本的な種類は、「木」で出来ているか、「鉄」で出来ているか、
「コンクリートと鉄」で出来ているのかの違いです。

日本で最も多い種類が「木」で出来た住宅で、
特に在来工法がほとんどを占めます。

これは、日本の昔からの建て方の発展系の種類となります。
「木」で出来た住宅は日本古来から存在しますので、
「木」が気候風土に合った材料であることは、間違いないでしょう。

「鉄」や「コンクリート」は、人工の材料ですので、材料を生成した
初期の強度は比較的高いのですが、時間が経つにつれて
強度が下がっていきます。

これが人工で造られたものの宿命であり、どのような物質でも
基本的には【人工物】は劣化するものなのです。

<スポンサードリンク>


「鉄」や「コンクリート」で住宅を建てる場合は、基本的に構造
計算と言うものが必要になります。計算の方法は工法の種類に
よって様々ですが、この計算は「初期」に発揮される
強度から、ある程度割引いて計算されます。
しかし、50年60年経った後までを考慮されているかどうかは
工法の種類によりますので、確認が必要です。

これに対して「木」で出来た住宅で、特に在来工法の場合は
歴史が長いので、仕様規定と言う方法で簡易計算により
建てる事が可能です。(2階以下の住宅の場合)

こういった理由もあり、今でも「木」で建てる工法が
最も採用の多い工法となっています。

また、同じ「木」でも集成材と無垢材があります。
集成材も人工材に当たりますので、劣化を考慮する必要が
あります。最近では集成材で建てる住宅が増えているようです。

集成材は初期の強度が高いものを作成する事が可能で、
大きな建物には有効ですが、住宅でそこまでの強度が
必要な場合は稀です。

どちらかと言うとコストダウンのロジックが働いている
理由のほうが強く、あまり歓迎できるものではありません。

これに対して、無垢材の場合は単純に年月が経つと劣化する
訳でなく、木を伐採した時点からは、その木の
樹齢分程度は強度が上がることが報告されています。

その後の劣化のスピードも遅く、元の切った状態の強度へ

<スポンサードリンク>

落ちるまで100年以上の年月がかかると言われます。
→詳細のページ「無垢材と集成材の違い」はコチラ

それぞれの工法の種類の詳細については、クリックして次のページへ
お進み下さい。

 



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google