24時間換気システムを比較しよう

◆ 24時間換気システムは24時間つけないといけないの?

24時間換気システムは、平成14年の建築基準法の改正で設置が義務付けられました。
この法律は、通称「シックハウス法」と呼ばれ、シックハウス症候群の対策のためのものです。
24時間換気システムをつけっぱなしにしておく目的は主には家の中のホルムアルデヒド
濃度を抑えることが目的ではありますが、
この他にも、シックハウス症候群の原因となるVOC(揮発性有機化合物)に対してや、
家の中の空気を清浄に保つことにも効果がありますので、
停止することなく運転するようにしておく事が重要です。



◆ 24時間換気システムで実際どれだけ換気される?

法律では、換気をしなければいけない量が規定されており、一般的な認識としては、
2時間に1回 家の中の空気が入れ替わるような換気システムをつけなければいけないと
知っておけばいいでしょう。

ただ、厳密に言うと、家の中のすべての空気ではなく、
居室と「換気経路となっている非居室※」の空気が入れ替わるように計算されます。
※換気経路となっている非居室
24時間換気システムがどこについているのかを確認すればわかります。
たとえば、居室に屋外の空気取り入れ口があり、
トイレに空気を屋外に吸い出す換気扇が計画されていたとすると、
「トイレ」と、「居室とトイレとをつなぐ廊下」が換気経路となっている
非居室に当たります。
つまり、クローゼットやお風呂などに24時間換気システムの換気扇が
ついていなければ、換気の量を計算するときに算入しなくても
いいことになっています。
余談でした・・・
ventilation_plan.jpg

◆ 24時間換気システムって月どれくらいの電気代がかかるの?


以下の計算を見てください。
24時間換気システムに限らず、どんな電化製品でも、
下の簡単な計算をすれば月の電気代を出すことができます。

電化製品の消費電力の計算方法
消費電力(kW) × 電気単価(円/kW) × 使用時間(時間/1日) × 日数(日)

具体例
たとえば、トータル30Wの第3種の24時間換気システムが
オール電化住宅についていた場合
30/1000 (kW) × 18(円/kW) × 24(時間) × 30(日) ≒ 一月389円

と、言う事で24時間とは言えどそんなに負担になるような金額ではありません。


・1kWは1,000Wなので、まず単位を揃えるために1,000で割りました。
・オール電化の場合の電気単価は、東京電力の2009年のデータを使っています。
・平均18円(もし、オール電化ではない場合は、22円としてください)
・40坪くらいの住宅で、トイレやお風呂などに排気ファンをつけた場合で計算しています。
132.5m2(40坪の家の床面積)×2.6m(天井高さ)×0.5(換気回数)≒172m3/1時間
172m3×60m3/台≒3台 1台の消費電力は約10Wなので、30W
   
電気代ですが、第3種の換気システムが安くなります。
それにハイブリッド式などであればもっと安いです。
第1種のダクト式は電気代は高くなります。
また、熱交換器が入っていると、換気扇のモーターに負荷がかかるので、
さらに高くなります。
熱交換型の換気システムは、電気代だけを考えると、高性能な家に採用しないと
あまり意味がありません。
また、熱交換型とハイブリッド式の換気システムを総合的に判断すると、ハイブリッド式の方が
省エネであると考える専門家も多いのです。

 

◆ 24時間換気システムってどれがいいの?

24時間換気システムといっても、いろいろな種類があります。
まず、24時間換気システムの給気・排気の方法の違いによる種類を列記します。
最近では、よく使われる言葉ですので、是非知っておきましょう!

第1種換気システム
ventilation.jpg
家の中に空気を取り込むものも、室内の空気を捨てるものもファンがついた換気扇を使うシステムです。
この中には、熱交換といった室内と屋外の空気の温度差を小さくするシステムがついたものや、全館空調システムなどがあります。
  
第2種換気システム

家の中の空気取り込み口のみ、換気扇を使うシステムです。
一般的には、住宅では採用されません。
   

第3種換気システム

家の中の空気を排出する側のみ換気扇を使うシステムです。
安く取り付けが可能なため、多くの家で採用されています。
また、ハイブリッド式の換気システムなどもこのシステムになります。



では、24時間換気システムを選ぶ際、どれを選べばいいのか。
項目分けしましたので、参考にしてください。


とにかく運転の電気代が安い24時間換気システムは?

ハイブリッド式がもっとも電気代が安くなります。
「ハイブリッド」最近よく聞く言葉ですが、これは何と何を組み合わせたものなのでしょう?
これは、「モーター」と「温まった空気が上昇する自然の力」を組み合わせたものです。
空気は温まると上昇する性質を持っています。
煙突効果と同じです。
その力を利用して換気をするのがハイブリッド式の特徴で、
電気を使わずに自然の力を補助的に使うため、電気代は少なくてすみます。

でも、一部住宅メーカーでしか採用されていないため、現実的ではないです。

現実的なところでは、
壁に取り付けるタイプの排気ファンだと1台19円/月のランニングコストとなりますので、
それらを組み合わせた24時間換気システムの第3種がもっとも安くなります。
  

快適性が高い24時間換気システムは?

家の中に外の空気をそのまま取り込むと寒さを感じる場合があります。
取り込む空気の温度を上げてあげることができないか・・・
それも電気を使わない方法で・・・
そうやって開発されたのが、熱交換型の換気システムです。

原理を簡単に説明すると、
家の中から捨てられる空気は暖かいです。
それをそのまま捨てるともったいない、そう思いませんか?
そこで、捨てる空気から家の中に取り込む空気の熱を交換させる方法があるのです!
たとえば、外が0℃、家の中が20℃だったとします。
なにもしないと0℃の空気を取り込みますが、捨てる空気から熱を交換することで、
10℃以上も温度を上げることができます。

初期コストが安い24時間換気システムは?】

壁に取り付けるタイプの第3種換気システムが取り付け、機器代がもっとも安くなります。


花粉症の方、幹線道路、線路沿いにお住まいの方に最適な24時間換気システムは?
24時間換気システムでは、家の外の空気を家の中に入れるため、
虫やほこりが入りにくいように、空気をきれいにするためのエアフィルタがついています。
そのフィルターには、Noxという排気ガスに含まれているような非常に細かな粒の
ホコリまで取り除くことができるものや、花粉くらいの大きさのホコリを取り除くことが
できるもの、衣服の繊維くずのような大きさのホコリを取り除けるものなど様々です。
   
参考にエアフィルターを比較してみましょう。

JISに規程されるフィルタの種類
ULPAフィルタ:定格風量で粒径が0.15μmの粒子に対して99.9995%以上の粒子捕集率
HEPAフィルタ:定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率
中性能フィルタ:粒径が5μmより小さいものに対して中程度の粒子捕集力を持つ

雑学
インフルエンザウイルスの粒子の大きさ  0.1μm
杉花粉の粒子の大きさ            30μm
ダニなどのハウスダスト           500μm

製品の中には、Nox対応フィルタや高性能フィルタなどの言い方もありますが、
Nox対応できているフィルタは非常に高性能です。
また、高性能フィルタは、HEPAフィルタのちょっと下と思っていればいいでしょう。

で、本題に戻ります。

細かな粒のホコリが取り除けるエアフィルタほど、空気が通過しづらくなります。
そのため、高性能なフィルタを採用すると、必然的に給気側にもファンが
必要になってきます。
つまり、第1種の換気システムが最適です。
 


 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、家づくりで失敗しないための大切なポイントを
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー