上棟式の祝儀

<スポンサードリンク>

新築工事が始まると、意外とよく聞かれるのが上棟式の祝儀について。

祝儀の金額は幾らがいいのか?

上棟式のどのタイミングに渡すのか?

など、結構迷う事があるようです。




まず、上棟式ですがそもそも最近では上棟式自体が行われない事も多々あります。
工法によっては上棟そのものの概念が無い物もあります。

地方に行けば、様々な習慣が今でも根強く残っていますので、
上棟式は比較的立派な場合がありますが、
やはり都会に行くにしたがって、上棟式そのものが行われない事がよくあります。

まず、上棟式を行うか、行わないかは地域の習慣を知っておくと良いでしょう。

基本的に、上棟式はその現場を担当する棟梁を労う事が本来の目的ではなく、
神に上棟の安全を願うためのもの、と言う意味だそうです。
上棟式の有無に係わらず、安全を祈願する気持ちは大切ですね。

そして、祝儀。これに関して、上棟式の無い場合は本来の安全を祈願する意味から
出す出さないを決めて良いと思います。もちろん、現場担当などに聞いて決めても
良いでしょうし。
お祝い事と思って祝儀を出すのもありでしょう。

祝儀の金額については、一般的に棟梁が一番多く、後は上棟に応援に来ている大工、
現場監督の順に祝儀の金額が変わるようです。

現場監督の祝儀はせいぜい3千~5千円程度で良いと思われますから、そこから逆算して
決めても良いと思います。

上棟式の習慣が無い限り、あまり妥当な金額と言う物はありません。
そして、良好な人間関係を築くのであれば、
祝儀に頼るのではなく、なるべく人としてのコミュニケーションをとる事が大切でしょう。

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google